活かせるクセ!活かせないクセ!天然パーマだってみんな違う!あなたのタイプはどのタイプ?それぞれの対処法を知ればきっと明日は笑顔になれる!

これでOK!くせ毛のヘアカットオーダーポイント

 
この記事を書いている人 - WRITER -
<スポンサーリンク>

 

意外と難しい美容室でのヘアカットのオーダーの仕方。今回はそのオーダーポイントをお伝えします。

こんにちは!みじんこです。かなり久々の投稿です。

私のブログを何度か読んでくださってる方は既にご存知かと思いますが、私も長年くせ毛で悩んでいる一人です(私の場合は縮毛です)。

私自身、縮毛矯正が世に出てきた時からかれこれ30年近く縮毛矯正をかけ続けています。だからくせ毛で悩むあなたの気持ちが凄くよくわかります。同じ悩みを持つ一人として、私の美容師としてのキャリアと知識を使って少しでも役立つ情報をシェア出来ればと思います。

では今回は、美容師さんに伝わるヘアカットのオーダーの方法をお伝えします。

なりたいイメージは視覚で伝える!

スマホで検索するヘアスタイルブックや美容室に置いてあるヘアカタログを見ててこんな事思った事はありませんか?

それは、どのモデルさんも殆どが元々とても綺麗なストレートヘアのモデルさん。たまにくせ毛のモデルさんがいてもほんの軽いくせ毛のモデルさんばかり…ヘアスタイルの参考にはなっても正直くせ毛の仕上がりイメージとは全く別物。

「このヘアスタイル素敵!」と思っても、「自分の場合はどんな感じになる?」「くせで広がる?」「余計にうねる?」くせの度合いによっては仕上がりイメージが正直想像出来ないって思う事ありませんか?

だから実際はヘアカタログを使って髪型をオーダーしても意味ないしとか..逆にこんなサラサラの髪じゃないから写真を指差して見せる事すら恥ずかしいとか..そんな気持ちからいつも口頭でしかオーダーしないって人も多いのでは?

もちろん、髪質や好みを熟知してくれている美容師さんに担当してもらっていたり、何でもでも気楽に話せる美容師さんにカットしてもらっているのなら問題ないでしょう。

しかし、初めてカットしてもらう美容師さんなら尚更ヘアカタログや写真を使ってまずはなりたいイメージを視覚で伝えること!

これ、当たり前のようですごい重要ポイントです!

イメージ+希望(こうなりたい)は出来るだけ細かくを伝える

イメージを詳細に伝える事は自分のなりたいヘアスタイルにグッと近付ける為の重要なポイントです。

素人だから細かくオーダーするのは美容師さんに失礼かな?とか思う方もいるようですが、そんなこと全く心配する必要は無いので、自分の希望があればどんどん伝えましょう。

例えば、ボブスタイルにしたいと思ったとします。しかし美容師からすると一言にボブといっても色々なボブスタイルがあります。だから写真等を使って視覚で伝える事が重要なのですが、あなたが指定した写真を見てそのボブの写真のどの部分のどこが気に入ったのか?又は全体の雰囲気が気に入ったとか、この写真のこの長さよりももう少し(長め/短め)が良いとか、毛先の厚みはこれよりも(厚め/薄め)が良いとか、小顔に見せたいとか、軽めにはしたいけれどもハネにくいようにしたいとか、逆に毛先がはねてもおかしくないようにしたいとか、理想や希望があれば出来るだけ細かく伝えることが大切です。

それら全ての希望を聞いた美容師さんはそこで初めての「この希望はかなえられるけれど、この希望はちょっと厳しいかな~」とか、「この部分だけ○○の施術を施せばできないことはないですよ」とか、あなたの髪質やくせの状態を確認しながら判断し又は最善の方法を提案してくれるはず。こんな感じで美容師さんとあなたの思っているイメージがすり合わさっていくのです。

このように伝えることで美容師さん側も創るスタイルがより明確になり、あなたの希望や好みが把握出来ればあなた好みのスタイルが創りやすくなるわけです。

〔もし、仮にあなたが細かなオーダーのをした時に嫌がった顔をしたり、適当に話を聞いているようであればその美容師さんは正直未熟です。あなたの理想を叶えてくれる美容師さんではないかもしれません。担当者の変更をお願いしてもいいでしょう。〕

最低限、初めての美容室でに行った時の見極めポイントとしては、最初に髪を濡らしていない状態でしっかりとカウンセリングをしてくれる美容師さんがいいでしょう。

くせ毛カットの常識! これは絶対です!

それはズバリ髪をすきすぎない事!

これをやられちゃうと間違いなくパサパサになります!ぼわっと広がりやすくなったり、まとまりが悪くなります。

特に表面にセニングは絶対にアウトです!

でも、髪が多いし、広がるし…と思ったあなたカット仕方でセニングを使わない若しくは最小限の使用で髪を軽くする事は出来ますよ。

でも、実際にいるんです。くせ毛なのにやたらとセニング(すきばさみ)をバンバン入れる美容師さん..本当困ります。

くせ毛の大変さわかってないんです‥

確かに今はハサミもかなり進化しているのでパサパサしにくいハサミもあります。

ただ実際に担当の美容師さんがどんなハサミを使っているかわかりませんよね。

だけど、どんなにパサつきにくいセニングを使っていてもくせ毛の事を理解しているベテランの美容師さんならやたらめったらくせ毛にセニングは使いません。ちゃんと使うべき場所やセニングの入れ方を心得ています。

でも、見た目だけで担当の美容師さんがくせ毛のカットがうまいのか?とか、くせ毛の事を本当の意味で理解しているかなんてわかりませんよね。

だから勇気を出してこれだけは美容師さんに伝えて下さい。

「髪がパサパサするのは嫌なので、出来るだけすきばさみは使わないで下さい。もし使わないといけないようなら、パサパサしないようにお願いします。」と

ここまで出来ればオーダーの仕方は完璧です!

 

まとめ

いかがでしたか?

最終的に理想のカットに仕上がるかは美容師さんの腕次第ですが、この方法でオーダーすれば、きっとあなたの理想のヘアスタイルが叶えられると思います。

☆イメージは視覚で伝える!

☆希望は出来るだけ細かく!

☆美容師さんとイメージや考えをすり合わせることがとても大事!

☆すきすぎないようにお願いする!

これらを押さえておけば完璧です。

今までカットのオーダーが上手く出来なかったあなた、良かった今度試してみて下さいね。

 

<スポンサーリンク>
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© くせ毛・天然パーマ・本気で対策‼ , 2020 All Rights Reserved.